戸建住宅のフローリング・床のリフォーム

フローリング・床のリフォーム
フローリング・床のリフォームのポイント
戸建住宅のフローリング・床のリフォーム

戸建住宅のフローリング・床のリフォームは、畳の床をフローリングに替えたり、同じフローリングでも機能性を高めたり、生活用途により様々な可能性が広がります。

まずは、部屋全体のイメージにも関わる床の用途を考えることがポイントです。

スポンサーリンク

【戸建住宅のフローリング・床のリフォーム】
戸建住宅のフローリング・床のリフォーム

■安全面を考えたリフォーム

高齢者や、小さな子どものいる家庭では、部屋と部屋の境目にあたる段差をなくすことや、バリアフリー化を考えると良いでしょう。

■床材を考えたリフォーム

ハウスダストや、ダニなどのアレルギーが気になる方は、ウールのカーペットや無垢フローリング(木材アレルギーの方は避けましょう)などで対応することができます。

■防音や床暖房を考えたリフォーム

小さな子どもの走り回る足音が気になる方は、カーペットやコルクの床材が好まれます。もし転んでしまった場合でも、クッション性の高いものを使用することで、安全性も高まります。

また、複合フローリングは、傷や汚れに強く、床暖房対応としても用いられます。

■手入れのしやすさを考えたリフォーム

毎日の掃除を簡単に済ませたいと考えている方は、複合フローリングやフロアタイルが良いでしょう。

複合フローリングは、傷や汚れに強く、フロアタイルは、丈夫で水にも強いです。

【マンションのフローリング・床のリフォーム】はこちら