戸建住宅の玄関リフォーム

玄関リフォーム
玄関リフォームのタイミングとポイント
戸建住宅の玄関リフォーム

リフォームをする方のほとんどは、リフォームする箇所が「壊れる」または「古くなる」場合でしょう。

もちろん生活上での間取りや、収納、バリアフリーなど将来を見据えたリフォームもあります。

リフォームの中でも玄関のリフォームは、来訪者に対しての印象を強く与えます。

家の顔とも言われているだけあり、玄関が汚れていたり、傷んでいたりすると、来訪者のみだけでなく、住んでいるご家族の気持ちにも大きな影響を与えるでしょう。

また玄関は、防犯上でも重要な役割があります。

鍵のタイプを変更したり、防犯設備を整えたりする意味でも、玄関のリフォームは壊れたり、古くなってからと考えず、行動した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

【戸建住宅の玄関リフォームのポイント】

■ドアの素材や機能を考える

家の顔とも言われる玄関ドアには、家全体に統一感を出すか、個性的なものを選び、あえて目立たせることも考えられますので、好みのものを選ぶと良いでしょう。

機能性の部分としては、気密性や防犯性などを考えましょう。

■玄関の内装

土間と框(かまち)の段差の高低差を考えましょう。
靴を脱いで上がるときに段差が高すぎると、転倒の原因となります。

また、土間は水に強く、滑りにくく、掃除がしやすいことがポイントです。

■収納スペースを考える

玄関で必要となる「靴」「傘」「掃除道具」の収納スペースをどうすかがポイントになります。

靴を多く持たれる方の場合には、収納スペースはかなり必要になると思います。
天井までスペースを確保したり、框の下に収納スペースを確保したりすることも考えなければなりません。

また、収納スペースを少なくして、花や写真など趣味のものを置くことで、個性を演出するということもできます。

■玄関の明るさ

玄関内は明るく照らしたいものです。
玄関扉が南向きの場合は、玄関のドアにガラスを入れるなど外光を取り入れることも良いでしょう。

他にも光が入る方向の壁に、窓を設置することでも解決することができます。
あえて光を遮断して、照明で雰囲気作りをされるのも、その家の個性が出て良いかもしれません。

▼戸建とマンションの比較

玄関のリフォームにかかる費用は、戸建でもマンションでも、業者により異なりますが、素材や機能で大きく変わります

高価なものになると、ドアだけで50万円を超えてしまうケースもあります。

戸建の玄関リフォームの相場は、30万円~50万円は見ておくと良いでしょう。

マンションの玄関リフォームの相場は、共用部分としての場合があるため、内装に至っても自由にリフォームをすることができない場合があります。

ただし、費用に関しては戸建のリフォームよりも安い価格でリフォームできる場合がほとんどです。20万円~30万円を目安としておくと良いでしょう。