戸建住宅の浴室のリフォーム

浴室のリフォーム
戸建住宅の浴室のリフォーム
【戸建住宅の浴室リフォームのポイント】
戸建住宅の浴室のリフォーム

■戸建住宅の浴室リフォームは、自由度が高いことが特徴ですが、構造によりできることと、できないことがあります。
ツーバイフォー工法のように、間取りの変更が制限される場合や、建築基準法や地域の条例など規制される場合もあります。

■今使用しているお風呂が、在来工法の浴室か、ユニットバス(システムバス)かで工事費用が異なります。

■水まわり箇所は、タイルのひび割れや腐食している部分が多く、リフォーム以外にも補修工事費が別途必要になるケースを想定しておきましょう。

■コスト重視で考えるなら、ユニットバスにすることで、機能的でスッキリした浴室を実現することができます。

■バリアフリー仕様にしたり、ミラーの高さ、タイルがすべりにくい素材かなど、利用する年齢層を考えましょう。

■補助金制度が受けられる場合があります。リフォーム業者に確認しましょう。

■必ず複数社の見積もりをもらいましょう。費用の差はもちろんですが、サービスも各社違いがあります。費用だけにとらわれず、受けられる特典なども確認しましょう。

▼戸建とマンションの比較

戸建とマンションでの浴室リフォームの比較ですが、できることが限られるマンションに比べ、戸建は自由度が高いといえます。

一般的に費用は、マンションより戸建の方がかかります。
相場は戸建が約100~150万円、マンションが約50~100万円です。