戸建住宅の洗面のリフォーム

洗面のリフォーム
戸建住宅の洗面のリフォーム
【戸建住宅の洗面リフォームのポイント】
戸建住宅の洗面のリフォーム

戸建もマンションも大きな違いはありませんが、水まわりのことですので、土台や壁に劣化や腐食がないかを確認しておくことが大事です。

特に年数が20年近く経っている場合は、想定外の費用がかかるおそれがあります。リフォームの専門家に調査してもらいましょう。

■マンションとは違い、共有部分がありませんので、自由にカスタマイズすることができます。

■洗面室に洗面化粧台のみを置くのか、脱衣や洗濯機を共有するのか決めておきましょう。

■洗面室内は、汚れや湿気もつきやすいため、便器周辺は清掃しやすい素材にすることも考えておきましょう。

■どのくらいの収納スペースを置くかを計画しておきましょう。特に脱衣や洗濯機を共有する場合には、空間がぐっと狭くなりますので、収納棚をつけるかどうかなど考える必要があります。

■洗面台の高さを考慮しましょう。生活の対象者が、成人だけなのか、小さな子供がいるかなど、考えておく必要があります。

■高齢者が使用する場合は、手すりや滑りにくい床など安全面を考えておく必要があります。

▼戸建とマンションの比較

戸建とマンションでの洗面リフォームの比較ですが、戸建は概ね自由にリフォームすることができます。対してマンションは、専有部分のみしかリフォームすることができません。

費用に関しては、戸建もマンションもほとんど差はありません。
相場は素材やリフォームの規模にもよりますが、10~40万円あたりが相場です。