建築パース

建築パース
▼建築パースとは
建物の外観や室内に、立体感を持たせて描く手法のこと
完成イメージ作画

建物の外観を描いたものを「外観パース」、室内を描いたものを「内観パース」と言います。

パース【perspective(パースペクティブ)の略】は、遠近法や透視法といった意味を持ちます。様々な透視図法で立体的に見せることで、全体像をイメージしやすくなります。
最近ではCG加工したり、よりリアリティをもったパースも登場しています。

▼大事なこと
完成予想図

建築パースで大事なことは、完成予想図が相手に伝わるか、盛り込まれたアイデアが表現できているかです。綺麗に描かれていることも相手にイメージさせやすいため、建物だけでなく、まわりにある植栽や、車なども描く場合があります。

今は、CADやレンダリングという優れたソフトがあり、操作方法さえ理解できれば、誰でもパソコンで描くことができます。

▼CADとレンダリング
CADとレンダリング

CADやレンダリングを用いることで、正確かつ素材感を出した仕上がりになります。よく見かけるのは、マンションの入居者募集の広告ポスターだと思います。
また、ポスターのように2次元上で立体を表現するだけではなく、3次元で作ることで、あらゆる角度から確認することもできます。

パースは、建物だけでなく、車やアニメーションなどにもこの技法は取り入れられており、クオリティの高いパースを作ることができます。

▼まとめ

建築パースの役割は、図面や報告書だけでは説得しにくい部分を補うことができます。建築物のテーマや、目的、機能などを明確に伝えられることが最大のメリットです。
施工前の段階では、図面の補足やプレゼンテーションなど、幅広い分野で活用されており、特に大きなプロジェクトなどには欠かせない存在です。