境界線のルール

境界線のルール
▼境界線(地境)とは
土地の境目の線のこと

隣人との土地・境界に関するトラブルは、生活の中でも揉めごとの多い出来事です。
トラブルにまで発展してしまう理由は様々ですが、その根本的な原因は「双方の境界に関する認識の違い」が圧倒的に多いです。

相続手続きなどで譲り受けた土地所有者は、自身の土地の境界線を正確に答えられない方がほとんどだと言われています。

「お隣さん」と良い関係を保つために、知っておきたい境界関係のルールについて説明します。

▼土地の境目はどこ?
土地の境目

概ね土地の境目には、境界杭(境界標)が打ち付けてあります。境界杭がある場合と、それがない場合とで確認の段取りや注意点は異なります。

▼家はどこまで建てられる?

敷地に余裕があれば、少しでも家を広げたいのではないでしょうか。しかし、お隣さんとは、近くなりすぎても落ち着かなくなります。

家を建てるときに最も重要な法律が「建築基準法」です。



外壁後退

自分の敷地内の外壁は、境界線を垂直に上空へ向けたところから、1mまたは1.5m、後退させなければなりません。これは都市計画により定められるため、指定がない自治体もあります。

また、民法234条では「境界線から50cm以上の距離を離さなければならない」と決められています。 他にも、民法235条では、境界線から1m未満の距離で他人の宅地を見通せる窓や縁側、ベランダには目隠しを付けなければならないと決められています。

▼理想のマイホームを建てるなら
マイホーム設計

建築基準法や、民法を守っているからとギリギリに家を建てては、何かとトラブルに成りかねません。お隣さんと上手くお付き合いをするのであれば、ゆとりが大事になります。
また、どうしてもギリギリに建てることになるのであれば、前もってお隣さんと話し合いましょう。