内金・内入金|用語集

住宅に関する業界の専門用語等、意味をわかりやすいように解説した用語集・辞典です。住宅会社や工務店、リフォームについても紹介しています。ご自由にお役立て下さい。

内金・内入金

内金・内入金とは、住宅の建設代金や購入代金を何回かに分けて支払う場合、最終支払金以外に途中でその一部を支払うこと。また、そのお金。中間金ともいいます。
内金は「建設・購入代金の一部の前払い」という性格があり、一般に内金が支払われれば契約の履行に着手したとみなされます。
内金は手付金とは違いますので、内金を放棄しても契約解除はできません。
解約手付金を払っていても、相手方が履行に着手した後は解除する権利は消えてしまい、契約どおりに履行することになります。 この場合、手付金は代金の内金に充当されることになります。 民法に規定には、手付金は内金になるとは規定されていませんので、契約条項に、「手付金は、内金として充当する。」と記載しておくと良いでしょう。